おせちに使われる食材の意味

おせちに使われる食材は日持ちがしやすいというだけでなく、それぞれが縁起を担ぐという意味もあります。

定番として入れられる食材には願いが込められているので意味を知っておくと良いでしょう。

色鮮やかな色のエビは多くのおせち料理に入っている代表的な食材ですが、エビは腰が曲がるまで丈夫でいるという長寿の意味があります。

エビの赤色は悪い邪気を寄せ付けない魔除けの色でもありますので、多くの祝いの場面で使われるのです。鯛は、出産のお祝いなどでも使われるようにめでたい時によく出てくる縁起ものです。

昆布巻きは、喜ぶという言葉にかけた縁起ものです。栗きんとんは、色を金に見立てるだけでなく、財産や富を得るようにと願いを込められたものでスーパーでもよく見かけます。

黒豆は、黒の魔除け効果と一緒にまめに働き健康で働けるようにという願って入れられました。地域によっても使うものは異なるのですが、多くの地域で入れられる食材は縁起や願いを込めているのです。

最近では、願いだけでなく彩や味を重視したおせちも販売されるようになり、家族の集まりでより子供も大人も楽しめる食材を入れることが増えています。

洋風の食材を入れることで家族や親戚などが幅広く楽しむことができるおせちを作ることがあります。

現代のおせちは家族構成やニーズに合わせて選ぶことができますので、無理に食べない食材を入れるよりは、縁起ものと合わせて好きな食材を取り入れると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です