おせちは日本料理の代表として紹介しても良い

日本料理というのは外国人にも人気があります。

ですが日本の風習なども一緒に学べる日本料理というのは早々たくさんもありません。ですから、具と一緒に意味を考えることもできるおせちは日本の伝統料理といっても良いでしょう。

今よりも食べられなくなったという意味で手に入りにくい食材や口にしたことがない食材が入っていることもありますが、そうした具も日本のお正月ならではの具材ということで楽しむことができるものです。

おせちはお正月意外見かけない日本料理でもありますから、外国人留学生や、ホームステイなどで日本に来ている外国人にも出すようにしてみると良いでしょう。

おせちに入っている具というのは日本人にとってみれば普段目にすることが多いものがほとんどですが、外国人からしたら珍しく、なかなか目にすることもなく、国によっては知らないようなものもあります。

ですから文化を知るにも良いです。外国人の知り合いがいるような時はお正月自宅に招いておせち料理をご馳走してみるというのも面白いでしょう。

また、おせちというのは郷土料理でもあります。地方それぞれによって味付けも異なりますし、入れるものも異なることがほとんどです。

地方から都心に出てきたり、またその逆のことをしている人であればその土地ならではの味というのを楽しむこともできて良いでしょう。

その土地の味はその土地の風土を意識して作られているものなので違いを楽しむこともできると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です