おせち料理と主婦のライフスタイルの変化

昭和の時代は夫婦共働きの家庭がとても珍しかったです。

国民的ファミリーアニメの世界観のように、サラリーマンの夫が外で働き妻は家事と育児に専念する、というライフスタイルでした。

更に息子や娘が結婚しても独立せず、いわゆる実家で結婚後も新婚生活と育児を行うライフスタイルが普通だったため、妻が担う家事労働や育児の一部を、姑さんや引退した祖父に手伝ったもらえる等、ある意味で今よりも数倍楽な暮らしがありました。

ところが現代社会は妻も夫も仕事に忙殺されています。夫婦共働きの家庭が増加し、また田舎を離れて都会で核家族で暮らすファミリーが増加中です。

育児とフルタイム勤務と家事の板挟みにあい、心身共にへとへとになっている奥様方も多いようで、良い意味で家事を少し手抜きしたいと感じる方々が増えて来ました。

頑張る妻を支えるサービスも増加してきており、おせちの通販サービスもまたその一つです。おせち作りは元々妻の仕事だったのですが、最近は多くの家庭でおせちのネット注文が普通になって来ており、特に自分だけで手抜きをしていると恥ずかしい気持ちにならなくても平気です。

イタリア風おせちやフランス風、中華風や韓国風など国際的な料理がネット通販サイトでは販売されており、核家族でも残さずに食べられるコンパクトなサイズで配達されるため、色々な面でメリットがあります。

和風メニューが多い普通のおせちだと子どもたちが嫌う事がありますが、韓国風やイタリア風の物なら喜んで食べてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です